サボテンの豆知識

ここで説明することを知らなくても育てることは可能です。しかし、知識として知っておくことをおすすめします。役に立つかもしれません。

花について

サボテンの花はとてもきれいなため、咲かせたい方も多いかもしれません。

実は、種類によって、咲きやすいものとそうではないものがあるのです。咲きにくいものの場合は、家庭で環境を整備することが難しいです。また、種類によっては、咲くまでに数年を要するものや、ある程度まで育たないと咲かないなど、いろいろな条件を要するものもあります。育てているサボテンが、こうした咲きにくい種類ではないかを確認して下さい。

また、咲きやすいものの場合は、先ほど説明した育て方の重要な点に沿って育てることに加え、年に1回植える場所を替えることが大切です。シーズンになれば花は咲きます。諦めずに、粘り強く育ててみてください。

 

根腐れについて

根が腐っているかの判断をするのは非常に難しいと思います。土に隠れて見えないことを予測するのは難易度が高いです。

判断するひとつの方法として、見える部分の色を見るというものがあります。そのものの色が悪くなっているときは、ほとんどの場合が根腐れしています。

しかし、色が変化してしまった時点で、回復するのは厳しい状態になっています。

そのため、日頃の手入れや植え替えをしっかりと行うことが重要です。

 

回復するかについて

根元が腐っていても、上部が健康な内に気づくことができれば、回復する可能性があります。

サボテン全体の1/3以上の高さがあることが条件です。切り口の芯に問題がない状態であれば、回復する可能性があります。

方法はこちらです。

 

  • 上部の健康な部分を水平に切る
  • 切り口を十分に乾燥させる
  • 土の上に、切った側を下にして置く
  • 適した所に置き、様子をみる

 

その後、2週間前後で根が出てきます。異常に気づいたら、早く行動することが重要です。早く手当することができれば、なんとか回復させることができるかもしれません。日常的に変化がないか、こまめに見ることをおすすめします。

 

枯れてしまった場合について

枯れてしまった場合は、手の施しようがありません。だめになってしまったものを生き返らせるということは、不可能なのです。残念ですが、処分するしかありません。

また、土に雑菌などが残っている場合があるため、処分しましょう。次育てる植物に影響します。

鉢に関しては、洗浄することでもう一度使用できます。食器を洗う際に使う洗剤で問題ありません。丁寧に洗ってください。

枯らさないためにも、日頃の手入れをしっかりと行うようにしてください。

最後に

サボテンの育て方を理解して頂けたでしょうか。初めは難しいと思っていた方も、ぜひ、育てて頂きたいです。簡単なことを意識することで、順調に育てることができる植物なのです。

もちろん、手入れの方法を間違えてしまうと、枯れてしまうのも事実です。

しかし、今回説明したことに気をつければ、問題無く育成することができるでしょう。日頃の手入れを丁寧に行い、より健康的なサボテンを育ててみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です